通販で薔薇を購入する際のチェックポイント

どんなものでも通販で通るようになった昨今、生花もその例外ではありません。どんな季節でも手軽に素敵な花束の贈り物が出来ます。そのほかにもハーブティにしてみたり、お風呂に浮かべてみたり、用途も様々です。また、その苗を購入することも可能です。苗で購入すると生花を買うよりも安価ですし、育てる楽しさがあり、最近では購入を検討される方が増えてきています。ここでは中でも人気の高い薔薇の苗に関してご説明します。薔薇にも育てる環境に応じて、生育形態や開花タイミングが異なる種類があり、その中から適切なものを選ぶ必要があります。そういったことから、チェックしておくべき項目ありますので、それらを押さえたうえで、大切に育てることをおすすめします。薔薇のある生活を楽しむためにもまず基本的な情報を押さえておきます。

通販で薔薇の苗を購入する前に注意しておくべきバラの種類

いくら通販が便利だからといって、何の準備もせずに薔薇の苗を購入する事は危険です。購入の前にはまず、薔薇にもいろいろな種類があるという事を知っておかねばなりません。薔薇の生育形態は大きく分けて、つる型と木型があります。つる型の場合、塀やガーデニングの装飾として、自由自在に使うことが出来ますが、成長に応じて、スペースを大きくとる必要があります。ですが、花の数が多くなる傾向にあります。木型の場合は花の数はやや減るが鉢植えで育てることが可能です。室内でも場所を選ばずコンパクトに栽培が出来るので、賃貸住まいの方でもおすすめです。また、開花の頻度もつる型、木型で異なります。木型の場合は四季咲といって、年間を通して、何度も花をつけます。つる型は一季咲が多く、開花のタイミングを把握しておかねば、狙った時期に花を見ること、剪定することが出来ません。これらの種類に関してはまず先に調べておくことをお勧めします。

通販で薔薇を買う際に用意しておくとよいことは

通販で薔薇を購入する前に薔薇の栽培に必要な知識をさらっておくとよいです。鉢や肥料や土といった必需品のリストを作ることのほか、薔薇がどの開花前後や季節に応じたケアの仕方など、十分に下調べをしておかないと、せっかく買った薔薇の苗も元気に育ってくれません。中でも春先の開花シーズンにはアブラムシ、カイガラムシといった虫害が発生したり、病気になってしまったりします。必要に応じて、病虫害予防対策グッズを購入する必要があります。また、肥料や水はその期間は過剰に上げ過ぎてはいけないといわれています。せっかくついた花や蕾が落ちてしまう可能性があるためです。年間を通して、適度な量を維持してあげることが重要です。上記のような基本事項をあらかじめ抑えておけば、苗の購入と同時に必要なグッズをそろえることが出来ます。通販サイトなどでも取り扱われているので、合わせてご購入の検討をお勧めします。